ホーム > ヤブ原産業関西の仕事・タイルガード

ヤブ原産業関西の仕事


アロンウオール 建物の長寿命化と環境に配慮した工法

塗工前と塗工後の比較写真


タイルガード技術ライセンスを取得した「イサムエラストマー会会員」におまかせください。
当社は、「イサムエラストマー会会員」です。



タイルガード工法の特長


 耐久性に優れたタイル壁面も自然環境の影響で『汚染物の付着』『ひび割れ』『浮き』『漏水』『剥離・欠損』などの劣化現象が多く見られるようになり、またタイルの剥落などによる事故も見られるなど外壁タイルの補修が重要視されています。
 タイルガード工法は、タイルの『下地・診断』から『下地改修』『洗浄』を行い、その上に高機能性塗料『タイルガード主材』『タイルガード上塗材』を塗布することでタイル壁面の美装の回復、保護、そして低汚染機能により様々な汚染から建物を守り、建物のLCC(ライフサイクルコスト)を低減し、資産価値を向上します。
タイルガードの特長
 塗膜表面を親水化することにより水との接触角を小さくします。接触角が小さくなることで、汚染物と塗膜との間に雨水が侵入し、塗膜表面から汚染物を浮き上がらせ汚染物を取り除くことができます。

◆性能表(タイルガード主材)

試験項目試験結果試験条件
付着強さ N/mm2標準時1.4JIS A 6909
浸水後1.1
温冷繰り返し作業による抵抗性異常なし
透水性 B法(ml)0.0
伸び率(%)300JIS A 6021
引っ張り強度(N/mm23.0




ページの先頭へ
お問い合せ