ホーム > ヤブ原産業関西の仕事・アロンウオール

ヤブ原産業関西の仕事


アロンウオール 建物の長寿命化と環境に配慮した工法

塗工前と塗工後の比較写真


アロンウオールの4つのコンセプト。


1.過酷な自然環境から建物を長期保護

漏水と鉄筋腐食の防止
アクリルゴムのすぐれた柔軟性により、外壁にコンクリートなどの乾燥収縮に伴うひび割れが生じた場合でも、塗膜は破断しにくく、雨水の侵入を長期間シャットアウトします。
コンクリートの劣化防止
1ミリ厚のアロンウオール塗膜は、コンクリートのかぶり約5メートルに相当します。すぐれた気密性により、炭酸ガスを遮断、コンクリートの中性化防止、改修工事によりアルカリ(中性化)復元効果などのすぐれた性能を発揮します。
外壁ALCの劣化防止
炭酸ガス、水分、塩化物イオンの侵入を防ぐので、炭酸化、塩害、凍害などによる外壁ALCの劣化を防ぎます。また、目地のシーリング材を保護し、防水性と耐久性も向上させます。
外壁仕上げモルタルなどの剥落防止
長期の柔軟性と躯体保護機能により、外壁仕上げモルタルなどの剥離、剥落を防止し、地震などの災害時にも、被害を軽度に抑えることができます。
2.いつまでも美しい外観を維持

目立たないひび割れ補修方法
ひび割れ部の処理に下地挙動緩衝剤「アロンウオールSH」を塗布し、アロンウオールを施工することで、長期にわたるひび割れの再発防止やひび割れ部を目立たなくすることができます。
低汚染仕様が可能
耐久性にすぐれた特殊ハイドロセラミック成分によるトップコート表面の親水化技術で、塗膜に付着した汚れを雨で徐々に洗い流します。すぐれた柔軟性に、汚れが付着しにくいこの「低汚染仕上仕様」を加えて、建物の美しさを長期間維持させることに成功しました。

3.環境に配慮した工法を提案

オール水性仕様
VOC(揮発性有機溶剤)規制など環境配慮に対する取組みの一環として、オール水性仕様を提案しています。作業中の作業者、居住者だけでなく、近隣にも配慮した地球環境にやさしい工法です。
長寿命化でリデュース(廃棄物減量)に貢献
建物を長期にわたり保護するアロンウオールは、リデュース効果が期待される製品として、環境保護に貢献します。


4.コストパフォーマンス

ひび割れ処理費を低減
ひび割れ部の処理に下地挙動緩衝剤「アロンウオールSH」を塗布すると、従来工法では必要とされていた熟練技術や工事日数を削減でき、下地処理費の軽減が可能になります。




ページの先頭へ
お問い合せ