ホーム > いかにアスベスト問題を解消するか

いかにアスベスト問題を解消するか



アスベスト問題とは


石綿

飛散し吸い込むことが問題


アスベストとは
 アスベスト(石綿)は、耐久性、耐熱性、耐薬品性、絶縁性、親和性など、多くの特徴を持っており、なおかつ大変安価であるため、日本では「奇跡の鉱物」などと珍重され、ビルの天井や外壁、電気製品、ガス・石油製品など、様々な用途に幅広く使用されてきました。私たちの生活の身近なところにアスベストは利用されてきたのです。

空気中に飛散した石綿を吸うことで健康被害に
 しかし、近年になって、このアスベストが原因で、中皮腫や肺がんといった健康被害が多数発生してきたことが分かりました。空中に飛散した石綿繊維を肺に吸い込むと約15年から40年の潜伏期間を経た後に、発病する確率が高いというのです。
 これが「アスベスト問題」です。

 問題が起きたことにより、アスベストによる被害者を救済するための救済法が施行されるほか、建築基準法や労働安全衛生法、大気汚染防止法など様々な改正が図られ、予防に向けての取組みがなされました。


除去費は高く、処分場は満杯
 ところが、その一方で、このアスベストの除去費用が高く、建物のオーナーが頭を痛めているほか、処分されたアスベストを処分する処理場が産廃で満杯になっていて、行き場がなくてこれもまた、新たな問題となっています。

 アスベストは、それ自体が問題ではなく、飛び散ること、吸い込むことで人体に影響が起こることが問題です。つまり、アスベストが飛散しないようにすることが最も急務な課題であり、問題解決の道なのです。

次へ



お問い合せ